インプラントで美しくいれる

50歳を過ぎた辺りから下の歯が総入れ歯になって、歯医者で何個も入れ歯を作ってもらいました。しかし、どれも痛くて食事をするのもだんだん楽しくなくなってきました。買い物に行くときや人と会う時は、老けて見られるのが嫌だったので、装着していました。ある日、偶然雑誌でインプラントを知り、これなら私の悩みを解決できるかもしれないと、藁にもすがる気持ちで治療してもらうことにしました。今まで普通の歯の治療しか経験していないので、手術に不安もありましたが思ったよりも簡単に処置が済んで、安心することができました。食事も楽しめるようになり数年が過ぎた頃、インプラントの部品を見えなくすることができるようになったと聞いて、先生に相談しました。機能的には不満は無かったのですが、見た目に美しくなれるならいいなと思い、作ってもらうことにしました。手術をせずに美しい歯を手に入れることができて、若返ったように感じて大変満足しています。

none